コロナ テレワーク うつ病日記

初めまして、こんにちは!

データ分析の仕方・方法

f:id:whiteboard0808:20210302143239j:plain


 

 

ビッグデータに関するデータ分析の検討

会社でビッグデータに関するデータを分析して本業務に役立たせないか検討した経験があった。

ビッグデータとは大容量のデジタルデータで、例えば、インターネット上の様々なパソコンから生み出されるデータのこと。「データ量が増えたことでビジネスイノベーションを起こせるようになった」と解釈されるかもしれない

アマゾンはWeb上での顧客の販売履歴や閲覧履歴を蓄積しそれを分析すれば、顧客一人ひとりの趣味や嗜好を探り出しそれに合致すると思われる商品をリコメンデーションすることで売り上げを伸ばせる可能性に気づいた

 

会社のビックデータを分析して役立たせる検討をする際、どの様に何をすればよいのか困ったことがあった。

装置故障を未然に防ぐまたは装機復旧させるため、様々な装置ログの情報からリアルタイムで検出、アクション等ができないか。 

データ分析に関する書籍

つい最近、分析に関する書籍に読んで非常に勉強になった。

その書籍には、

 

・企業内でデータ分析を同推進していったら良いかについて誰も教えてくれずに困っている

・企業の中で誰がどんなアクションを取ればデータ分析を推進できるのか誰も教えてくれない

 

とある。まさに、その通り。誰も教えてくれない。やってみないと分からない世界。

 

意思決定者の責任、過剰期待

意思決定者の責任

〇不確実性の軽視

データ分析をしても将来を読むには限界があるが意思決定をするにあたり決めてほしいというタイプ

〇分析への過剰期待

意思決定に必要な全ての材料を得られると期待している

 データ分析をやっていると思ったようにいくことのほうが少ないはず

・それほど改善できないとき悪あがきせず、データ分析では解決できないことを認めればよい

・データ分析をすれば何でも問題を解決できると考えている人もいるがそれは間違い

・そもそも、データ分析に使えるデータは限られている

・また、誤差5%未満の予測手法を開発するといった目標に固執して分析手法をこねくり回して悪あがきしているのは時間の無駄

 その通りだと思う。少しでも論理的に、複雑なデータを絡ませて中身を厚くしました的なやり方を好む人がいる。データも集めるだけ集めさせておいて、本当に必要かどうかは後から考えるタイプがいると時間ばかり費やし、データ管理も大変だ。

途中から、データ量もそうだが、何をどこまでやっていたのかも不明になる。

 

データ分析の方法

まず、データ分析に関しては

・そもそも、周りからデータ分析の過剰期待がある、意思決定に必要な全ての材料を得られると期待しているのだ

・データ分析は意思決定者のあらゆる期待に応えれらるものではないし、意思決定者が期待している結果と合致するとは限らないし、神様のように将来を言い当てるものでもない

分析を仕事にすると、データ分析結果がの答えがどうなのか詳細な答えを求めらる。そのため、どのようにして分析するのかと問われることが多かった。最初から、分析しても何も得られないのであれば、そもそも分析する必要がないだろうとういう話になり、一方、誰もやったことがない未知の世界だから、やってみなければわからないという結論になったりした。

 

分析のやり方

データ分析でビジネスを変えるのに必要な3つの力

1.データ分析でビジネスを変える機会を見つける力

2.データ分析で問題を解く力

3.データ分析によるソリューションを実際のビジネスに使わせる力

〇目利きする力。変革するサクセスストーリーの青写真を描くこと

〇「解く」とは何か。解き方の手がかりはビジネスの現場にある

〇分析問題を設定する力。意思決定に役立つことがが目的であることを念頭にそれに焦点を絞った問題設定をする力を養うこと

〇現場力で解く力。分析結果を解釈するときも現場の知恵は必要

・前提として、データ分析でビジネスを変えるのであれば、分析を使ってもらえなければただの時間の無駄。(費用対効果、現場の抵抗を考慮する必要あり)

・現実の複雑な問題を単純な問題に変換し、前提条件として何を捨てるのかを見極める

 ・現場を知らずに分析することは困難。解くための手がかりを現場に行き、聞き出す力が不可欠。テレワークだと現場に赴くこともできない。現場以外でも、現場担当者と直接会う箇所は、食事中、エレベータの中、休憩室など直接会う機会を逃さないことで情報を得る。テレワークだと難しい。

・ゴールを意識し、データ分析の成果がビジネスに活用されることを目的とする

・データ分析で優れたソリューションが得られたけれども意思決定問題にフィットしない場合には、それがフィットするように意思決定問題を改変することを働きかければ良い

 

データ分析に関してこの人凄いなと思う人の共通点

この人は凄いなと思う人の共通点は

・発想にオリジナリティが溢れていること

・どこからこんな着眼点が生まれてくるのかなと思うような課題を提案する

・分析を進めていくときには、手作り感でいっぱいのやり方で進めていく

 

反対にどこにでもいそうな人だな と思う人の共通点

・先人のやり方を踏襲してばがりいる

 踏襲が悪いのではなく、もっといい方法はないだろうかと考える方法が良いということ。確かに、その通りだと思う。データ分析のあるべき姿は、100人いれば100通りとも記載されていた。個性をだして、分析すれば良いと思った。(ただし、データ分析を資料化する際は数字の責任を持つことは信頼に関わるので必須だ)

 

庭木の伐採

 

f:id:whiteboard0808:20210223111056j:plain

 

 

自宅の庭に植えていた大きな木を1本伐採した。

木の大きさ

伐採した木の大きさは直径24センチ、高さ6メートルくらいだ。

1本の幹から枝が8本くらい枝分かれしており、自分の力で4本は切り落としたが、残り4本は業者に電話し依頼した。

 

伐採理由

なぜ、伐採しようとしたかと言うと、

・隣の家の2階または屋根まで枝が伸びていた

・春先から大きな葉っぱが育ち、テレビ受信に影響してきた

・大きな葉っぱは冬になると落ち葉になり、落ち葉の量が多く掃除が大変

・30年以上経過している大きな木はまだまだ上に成長しようとしている

・枝が我が家の2階ベランダまでにも伸びてきている

・枝を切り落とすためにも長い枝切りハサミを用いて切る必要があり重労働

・業者に剪定を依頼すると費用がかかる

・ある程度大きくなった木は剪定を繰り返し実施する必要がある

 

自力で伐採して分かったこと

自力で木の枝を切り落としてみて分かったことは、木の枝自体も太くて重いということ。途中までは頑張れたが、次第にこれは一人では無理かもと思い始めた。

木の枝を切り落とす際は自宅に当たらない箇所に”ズドン”と落とす雑なやり方。

しかしながら、進めていくうちにどうも、このままじゃ、隣の家に切り落とした枝が倒れ、隣の家の窓を破壊してしまうかもと思ってきた。

もともと、伐採の道具はノコギリ1本と、腰くらいの高さの脚立が1台のみ。あとは気合と根性で進めていただけだ。木を切断している間は木くずが頭にふってくるし、上を見上げていると目の中に木くずがはいってくるし、洗濯物にも木くずがかかるしという状態。

 

その状態でやり進めた中、さすがに隣の家に影響がでるのはまずいと思った。しかしながら、初めからきづかず、枝の半分までノコギリで切断している途中で気づいた。

応急対策として、隣の家に影響がでないよう紐でひっぱって枝を折ろうとしたが、紐の方が切れた。しだいに、風も強風となり、切断途中の枝が揺れている。これは、まずいと思った。

 

慌てて業者に連絡

慌てて業者に連絡し、翌日に無料見積り後、料金に納得してもらえばそのまま作業に入ると言われた。

翌日かと思い切断途中の枝を見ると、切り落とし中の枝の半分から青空が良く見える。なんとか、明日、業者がくるまで持ちこたえてくれと祈っていた。

 

翌日、業者から若い男性2名がやってきた。一人は30代くらい、もう一人は10代くらい。

 

見積の結果

・伐採代金は1メートル当たり5000円として、電線まで枝が伸びているので高さは6メートルになります、なので合計で3万円

・伐採した木の処分にも費用がかかります。持ち帰り処分費用は1万5千円

・トータル4万5千円

どうしますか?と言われた

どうしますか?と業者に言われたのでどうしましょうか?と聞きなおしたら

予算として、大きな木の幹を1本残して4本の枝を切るだけなら2万5千円ですと言われた。

 木の幹だけ残しても仕方ないので結論として、こちらから

・全部切断して切り株が残る状態までにしてほしい、その時の金額は税込みで2万5千円

・切断した木の処分はこちらで実施するので費用計上なし

・切断した木は持ち運べるようにマキとして使えるような大きさまで細かく切断してほしい

 上記内容で合意できた。

 

業者の伐採作業で気づいた事

業者の伐採作業を見ていると、2名で一本一本慎重に建物に当たらないようにチェーンソーを使って作業していた。問題の私が途中まで切り込みを入れた木もうまく避けながら作業をしており、最終的に切断途中の木の作業にはいったときは、若い子が足で蹴っても「これってなかなか折れないな~」と言っていた。私は「余計な心配をしていたな~」と思ってしまった。

 

業者の方は、2名で長さのある脚立とエンジン付きのチェーンソーをそれぞれ持って作業をしていた。チェーンソーも枝とか幹の大きさにより別のチェーンソーを使い分けていた。 

 

 ただし、若くて元気のいい子は作業中に「あぶねー」「あぶねー」を連発していた。冗談なのかどうかはさだかではないが、安全には十分気を付けてほしい。

参考までに、脚立の天板の上にのって作業をしていはいけない。

 

昭和47年に「労働安全衛生法」が施行され、その中でアルバイトでも事業者は雇入れたときには「安全衛生教育」を行う義務がある。

きちんと学んで、自分でも身を守らないと痛い思いをするのは自分たちとなる。大けがをせずに済むのはたまたまだったかもしれないので、労働者側も安全に関する知識を持たないといけない。

 

後処理とお茶菓子

後は、切断した木を少しずつ処分していこうと思う。ただし、切断した木も結構、重いしそれなりの量はある。自宅のバーベキューで使用しようかと考えたが、一体何回すれば、切断した木がなくなるのだろうと思ってしまった。

 

作業終了後には、嫁がお茶とお茶菓子をだしてあげて気分よく作業完了してもらった。

作業時間も結局、2時間くらい費やし、高速を使って車で会社までもどるそうなので大変お世話になった。

 

 追記、伐採した木の処理(2020.2.25)

 

伐採した木の処理は粗大ごみ扱いとはならないので、処分方法を確認しようと市のクリーンセンタに電話してみた。

私が自宅の木の伐採を業者に頼んだんですけど、、とクリーンセンタの受付女性に伝えると、業者が切断した木は取り扱うことができませんとクリーンセンタの受付の女性に即答された。話の途中だったので、何とか私は処理ができないかと考えて、言い方を変えてみた。

伐採した自宅の木を細かくしようと業者にチェーンソーを借りたんですけど、と話を変えてみた。受付の女性は、しばらくして木を切断したのが業者でなければ大丈夫ですと回答してきた。どうも、産業廃棄物扱いとなることが関係しているらしい。

その際は、クリーンセンタに持参すれば処理してくれるとのことだ。ただし、自宅からクリーンセンタまでは距離があり、処分する量も多いので自家用車に1回で運べるとは思えないし、車も傷つくのではないかと思っている。どうしよか、検討中だ。

 

「置き配」のトラブル続出

f:id:whiteboard0808:20210126131402j:plain

 テレビで見たが宅配業者の「置き配」でトラブルが続出しているようだ。特にマンションのような集合住宅でのトラブル事例が多かった。

例えば、

1.置き配により、玄関の扉が開かない

マンションの扉が少しだけ開き、覗いてみると起き配がじゃまして扉が開かず、閉じ込められる。

宅配業者に電話しても、ドライバーと連絡がとれずに「たらい回し」にされ時間ばかり経過する。

その結果、家主は警察に連絡し「置き配」を移動してもらう。警察官もため息交じりで「置き配」の重量があるのでこれでは玄関ドアが開かないはずと言われたようだ。

 

2.「置き配」したと、業者から写真メールは届いたが肝心な荷物がない

マンションの入り口付近にあるガスメーターボックスのドアを開けて「置き配」をしたとのことだが、見当たらない。宅配業者から送信された写真メールを見ると、家主のガスメーターボックスの場所とは若干異なる。そのため、各フロアーのガスメーターボックスのドアを開けて荷物を探す羽目になり、ようやく見つけたと。3軒隣のガスメーターボックスに「置き配」されていたのだ。

 

3.「置き配」により、玄関の扉を開けると荷物が落ちる

マンションの扉が少しだけ開き、覗いてみると「置き配」があり、複数の荷物が重ねてある「置き配」上の荷物が細長いため、扉を開けることができない。その上の荷物は壊れ物扱いの荷物のため、落下させると破損する恐れがある。結果的に宅配業者に連絡して解決したのかは不明。

 

コロナ禍で対面の受け取りをせず、「置き配」を選択する場合もあるので思わぬトラブルに巻き込まれないように注意したい。

 

「置き配」をする宅配業者に問題があるのかという議論のなかで、利用する側がしっかりと場所を指定しないのも配慮が欠けているという話もある。

「置き配」で玄関ドアがふさがれて警察を呼ぶなんて大袈裟すぎるという話もある。

 

「置き配」指定ができるシステムは例えば以下のとおり

玄関

宅配ボックス

ガスメータボックス

自転車かご

車庫

管理人

置き配を利用しない

 

テレビの「置き配」トラブルを受けて、

 特に一人暮らしでワンルームに住んでいる方々が巻き込まれたのではないかと想定してみた。

 今後は、宅配される荷物が重たい、重量がある、あるいは長い場合は玄関付近へ「置き配」をしないとか、ガスメータボックスの中に目印を入れて家主のガスメーターボックスであることを明確化するとか利用する側も対策を考える必要があると感じた。

 

複雑な情報を整理するマインドマップ作成

 

f:id:whiteboard0808:20210123153654j:plain

 資料を集めても、なかなか理解できないときに何か良い方法はないかと考え、マインドマップについて調べてみた。

 

マインドマップとは

 自らの思考や発送を視覚的に捉えて脳内の情報を整理・開放し、新たな発想を得るための手法。

 簡単に言えば、放射線状にひとつの情報を別の情報と関連付けて、また別の情報へと展開していく流れとして中心から放射状(木の葉、枝に例えられる)に思考を広げること。

 

f:id:whiteboard0808:20210123141435p:plain

 

マインドマップを使うメリット

・複雑な情報を整理できる

吐き出す(書き出す)ことで頭の中を整理することができる

一次的に記憶できる人間の脳には限りがある。限界を超えると記憶が脳から吐き出されていく。そのため、マインドマップに脳から考えていることを吐き出す(書き出す)ことが大事。

 

 

・発想を広げる

マインドマップは放射状なので1つの枝からアイディアを2つ、3つと展開していくことができる。展開していくアイディアが広がり形を形成していくことでアイディアの発想を広げる。

 

・アイディアを掘り下げる

発想で広げたアイディアに対して深堀ができる。

 例:留学したい→いつ→12月

        →どこに→イギリス

 

 

マインドマップ活用例

・買い物メモのマインドマップ
・スピーチのためのマインドマップ
・勉強のためのマインドマップ

記憶力アップ、いいアイデアが浮かぶ、時間の無駄がなくなる、テストの点があがる、自分の考えがうまくまとめられる

参考:絵、色、言葉を使う  

・メモリーツリー記憶法

例えば、日本史の記憶とか、一問一答で勉強するのではなく、関連づけて作成することで自然に覚えることができる。

 

 

マインドマップツール

 無料で使えるマインドマップソフトの紹介

・Xmind

 

上記のマインドマップツールを用いて、決裁資料に関するマインドマップを作成してみた。

決裁資料も、法律、会社の内規、チェックシート、契約書、見積り、決裁権者、承認フロー等(※)ややこしい。※物品購入、資産取得、業務委託が複数に跨る場合は最上位の決定権者を選定する必要がある。

f:id:whiteboard0808:20210123145143p:plain

 マインドマップを作成して感じたことは、かなり時間を要すことだ。ただし、全体を俯瞰できるし、コメント、気づきも追加、削除できるので便利だと思った。

時間を要してるので、いやがおうにも覚えてくる。

 資料を理解するために、手書きでノートにまとめるにも決裁文書作成のフローは要点をまとめることができないので全て書くことになる。ノートに記載すると変更が困難だがツールを使用すると追加、削除ができる。時間をかけて理解し追加、削除で自分が理解しやすいようにカスタマイズすることがまずは第一歩だ。時間経過とともに記憶できるようになれば、ポイントごとに要約できるようになると思う。

  全て書くことが悪いこととは思わない。読んだり、見たりして理解しているつもりになりやすい。書くことで「~しているつもり」を防ぐことができる。

 あまり、書きすぎるとごちゃごちゃになるかもしれないが、自分が理解できれば役立つと感じた。

 

 

 

 

頭皮マッサージ、シャンプーの仕方

f:id:whiteboard0808:20210118112517j:plain

 

 

最近抜け毛が気になり始めた。前髪はおろしているが、おでこを見るとM字の反り込みが進行しているように感じた。結婚してから、3ヶ月に1回程度散髪していたが、安いカット(1000円)が登場してくると、シャンプ―もなくマッサージもなくカットのみだが、2ブロックカットもしっかりしてくれるのでお得だと思っていた。

 薄い箇所の回復に頭皮マッサージと、自分でもやってみると、ほとんど頭皮が動かない。これは、頭皮が固くなり、血行もよくないのではない状態だと思った。

 

 そこで、シャンプーのやり方から頭皮マッサージまでどのようにすればいいのか調べてみた。

以下の内容は、ネットで「原宿にある美容室の店長(男性)」さんが言っていた内容だ。 

 

シャンプーの正しいやり方

1.お風呂に入る前にブラシで全体をブラッシングする

※頭皮の汚れや皮脂が表面に浮いてシャンプーで落ちやすくなる

2.予洗い

※とても大事、しっかり全体をお湯で洗う(頭皮を濡らす)

3.出したシャンプーを手のひらで馴染ませて軽く泡立てる
4.シャンプーをつける        

・表面からではなく内側から

・空気を入れるように

・円を描くように

・泡がしっかり立ったら、毛先まで馴染ませる

※シャンプーは髪ではなく頭皮を洗うこと。髪をこするのはNG。

5.シャンプーは下から上に洗うのが正しい洗い方

(もみあげから、頭皮のてっぺんにいくように)

※上から下だと髪の生えてる方向になり、髪の上をすべって頭皮を洗えない

 

参考:シャンプー後に髪をすぐに乾かした方が良い理由

・自然乾燥だとクセがつきやすい

・湿ったまま放置すると菌が爆増する

・良い状態でドライヤーをつかい形状記憶してツヤをだす

 

頭皮マッサージ

1日1分、自宅でできる、髪のアンチエイジング方法

「ほうれい線」「額の横しわ」「顔のたるみ」は、顔のマッサージで効果的だが、1番効果的なのは「頭皮マッサージ」。「頭皮マッサージ」は10歳は若返ると言われている。

1.前頭部

「額の横しわ」「目のたるみ」に直結

2.前頂部

額の筋肉を引き上げるのに直結

3.側頭部

「フェイスライン」「たるみ」に直結

4.後頭部

まぶたの筋肉や顔全体に直結

 

使うポイント

「指の腹」「手の腹」

マッサージの方法 ※髪の上からではなく下から入れて頭皮をマッサージ

1.全体の指圧(血行をよくする)

・1か所当たり3秒目安に指圧

(側頭部から頭頂部に向かって実施することから始める)

・気持ちいいより、少し力を入れたくらいがベスト    

2.全体をマッサージ(筋肉をほぐす)

・円を描くように頭皮を動かす。上に持ち上げるときに力をいれる 

・側頭部から3か所を目安に実施

・1か所を3回転目安に動かす(顔の筋肉が動くようにする)

3.手の腹で引き上げる(頭皮、筋肉を引き上げる)

・手の腹を使って全体の筋肉を引き上げる

※お風呂は筋肉がほぐれやすくなるのでトリートメントの放置時間に有効活用できる

 

参考

1.薄毛の原因について

・「遺伝」ではげるというのは、遺伝学的にはあまり根拠がないらしい

‐ただし、母親側の父親(祖父)がハゲている場合はその遺伝を引き継ぐ可能性が50%あるみたいだ

・生活習慣の乱れ    

‐外食や市販の弁当は糖質や脂質の偏りで髪の栄養が行き届きにくい

・睡眠不足、ストレス

‐一番大きい要素になる、血行不良を引き起こし栄養が頭皮に行き届きにくい

女性の場合

 「ストレス」「過度なダイエット」「出産によるホルモンバランスの乱れ」「長時間髪を結ぶ、いつも同じ分け目」

 

2.薄毛の対策について

・自分にあっているシャンプー選び、頭皮マッサージがとても大切

・運動不足の改善、血液循環が悪くなっているので軽いウォーキングがおすすめ

・睡眠不足の改善、ストレスが溜まりやすくなり、寝ている間に分泌される成長ホルモンの量が減る。理想は、6時間~8時間取る。

・食生活の改善、ファーストフードやインスタント食品ばかり食べるのは要注意。健康な髪の毛をつくる「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「亜鉛」が摂取しにくい。「タンパク質」「ビタミン」→肉類、魚介類

亜鉛」→レバー、あさり

 ※「ノコギリヤシ」配合のサプリメントも効果的

 

3.育毛シャンプーについて

「バイタリズム オーガニックスカルシャンプ」は、口コミやブログで高評価だった。

 

最後に

 上記にもとづてい、ただちに頭皮マッサージをやってみた。次第に、頭皮が動くようになってきた。ただし、やり方は自己流で適当だったので、シャンプーする前に「くし」でとかしたり、ドライヤーで乾かすようにしたり、下から上に洗うようにするなど専門家のアドバイスに従ってみたい。

 本当に今まで適当なシャンプーをしていたし、頭皮マッサージも考えてなかった。

その他の睡眠不足、ストレスにも気を付けて髪のケアに取り組んでいきたい。

 

メタ視点の備忘録

f:id:whiteboard0808:20210116101102j:plain

メタ思考トレーニングの本を読んだ。備忘録。

 

 まず、自らの思考の隔たりや視点の低さをチェックし、自らをもう一つの高い視点(メタ視点)で見ることから始める。(気づきの難しさ)

 

一つ上の視点から見ると矛盾が見えてくる

  世の中には構造的にどうしてもお客の立場にはなれない(その経験ができない)職業というものがある

 例えば、

   ・男性の産婦人科

   ・凶悪犯担当の弁護士

 ※経験しないと、できないのか。知識、知見、経験談などのノウハウを蓄積、従事者との関係を密にして連絡が取れる環境で資格試験をクリアすれば一定基準をパスしているので実際に体験しなくてもなれる。その逆で、例えば、今まで経験したことがない業務を一人に押し付けられても、知識、知見が乏しい環境だとなれない。

 

 メタ思考

  「上位思考で考える」「抽象化する」これによって、能動的かつ創造的なアイディアの創出が可能になる。

   

 身の回りで理解できない価値観の人や事象に出会った経験を思い出し、それを否定するのではなく、どのようにしたら理解できるのか、あるいはそこから新しいアイディアが生まれないのか考えてみましょう。

 

上位目的で考える意味 

 上司から「ドローンについて調べて報告してほしい」と言われた後のアクションは?

「なぜ、ドローンについて調べる必要があるのか?」問題そのものを一度疑問を呈して、依頼そもそもの目的を確認する。

  「その調査結果を何に使うのか?」依頼主に確認してみる

 →思考回路が具体性、実行重視のHOW思考か、目的重視のWHY思考(メタ思考)かのチェックになる。

   要するに、与えられた問題を疑わずに「それありき」と考えてアクションを起こし始めるのか「そもそもこの問題でよいのか?」と疑ってかかるかの違い。

   真の目的を考えたらそもそもやるべきことは他にあると「そもそもの問題を定義しなおしてしまうこと」、つまり、新たな問題を発見すること。

※与えられた問題を疑わずにするよりも、疑ってかかる方が良いとは思う。そのためにも、自分で知見、背景を把握して予め学習していないと依頼主からの言いなりになってしまう。

 もう一つの目的は、問題そのものはありきとしても、その問題の解決の仕方、どの部分が優先順位が高く、どの方向に解決すべきかを示唆してくれるということ。

 ドノーンの問題でいけばその調査の目的によって、どういう用途向けのことを重点的に調べるべきなのか、ビジネスへの用途を考えるべきかという点を教えてくれる

 

 WHY型思考は相手の依頼をすぐには実行せず、一度立ち止まって考えるので「時間がかかる」のが弱点だ。考える行為そのものがそういう性質なので仕方がない。

 なぜですかを露骨に連発すると煙たがられる。

※一度立ち止まって考えることは、時間を要す。依頼主に聞いても、具体的な回答を得られない可能性あり。依頼主は単純に現状把握をしたいと思っているだけかもしれない。回答がすぐに見つかればいいが、例えば、昔から知っている人でいないとわからないのであれば把握できない現実もある。知っている人を探すにも時間を費やす。一体、どのくらい時間を費やすことになるのか不明となる。全てを把握することが困難な場合は、ある程度、妥協もしくは、仮想化して考えを導き時間ロスを防ぐ方が助かるし、依頼主に納得してもらいたい。

 

  情報収集には必ず、「集めた情報をどうつかうのか」と言うその先の目的があるはず。ここで必要なのは、限られた情報で仮説を立てること。

相手側の立場に立って、次のアクションを想定した上で依頼されて内容に取り組めば位歩先を読んだ形で相手のニーズに応えられる確率が上がる。

 ※情報収集にも時間を要す。依頼主の目的も曖昧な場合もある。ある程度、妥協もしくは、仮想化して考えを導き時間ロスを防ぐ方が助かるし、そうしてほしい。

 

 「数字のことしか語れない」というのは実は思考停止の典型的な症状です。

数字で語ることが重要なのは、「誰にでも納得性がある」からで、逆に言えば「誰にでも理解できる」こと自体が思考が止まっている人でも理解できることを皮肉にも意味している。

 

 「次回への反省」

 いかに上流で客先の人間関係や意思決定のプロセスを調べておくか、あるいは情報収集や上司への根回しをいかに入念にやって価格重視のコンペに持ち込まないかと言う方策がでてくる。

「現場のいいなり」で作った商品が必ずしも売れるかどうかは疑問だ。

※全て現場のいいなりになるのは、よくないが、良い点もあるので必要に応じて取捨選択すればよいと思う。現場経験がないのであれば、耳を傾けるべきであり、知らないより知っていた方が良い。その情報も今ではなく、今後どこかで必要になる可能性もある。 

 

そもそもなぜ、特に自分自身のことについては視野が狭くなってしまうのか。その一つの原因は、物事を具体的なレベルでしか見ることができておらず、抽象化して「メタの視点で見る」ことができていないから。

 

 仕事の中でルーチングワークの割合が大きければ大きいほど考える必要がなくなってくる。つまり変化が起こらず、「滞留した水が濁って」いって組織の活力も奪われていくという構図だ。

 

以下、「手段であって目的ではない」ことを常に肝に銘じておくべき

 ・調査/分析/調整/レビュー

  調査/分析/調整/レビューそのものが目的ではない。その先その結果を何に使うのか

※分析もさじ加減で結果をどうにでも表すことができる。確かに、分析結果を何に使うのかどうしたいのかまで考えないと、「天に向かって唾を吐く」ことになり、自分に戻ってくるので注意する必要がある。ただ、分析をする目的は何か、そもそもの施策の目的は何かを押さえて達成できていないのであれば、何故どこが達成できないのか原因分析することになる。

 ・管理

  「管理が目的化」していないか。そもそも何のために管理か考えたことはあるか

進捗管理もそうだが、業務内容の進捗だけを管理するのか、在宅勤務社員の体調管理はしないのか、何を管理するのか、不足はないのか、都合の良い管理になり形骸化していないかチェックする必要がある。

 ・システム導入

  「手段の目的化でプロジェクトがよく迷走する。」そもそも「あのシステムは成功(失敗)だった」というのも本当に「当初の目的に対して」になっているのか

 ・統合

  会社でもシステムでも統合そのものが目的になっているプロジェクト、死ぬほどある。

※業務集約しかり、人業一体ならまだしも、業務引き継ぎもされず「後よろしく」状態で混乱することがわかっているのに担当者任せの放置状態がよくある。

 ・見える化

  これもよくある手段の目的化、「見える化」していったいどうしたいのか

※タイムスケジュールなど複雑で数多くある工程時間を図を用いて見える化することなどは分かりやすいし、説明に役立つ

 

問題:「昔ながらの喫茶店」の競合はどこか、何だったか?

 検討ステップ1

  まずは昔ながらの喫茶店に行く目的を考える

   例:コーヒを飲む、暇をつぶす

 検討ステップ2

  各々の目的の仮説に対して、「別の手段」がないか、喫茶点業界以外の選択肢を考えてみる。

 例:「コーヒを飲むなら」コンビニで買う、家で自分で作る、コーヒマシンを利用する、「暇つぶし」なら、スマホのゲームやLine

 

 【解説】喫茶店に行く行為一つとっても、実は様々な目的を持っていることがわかる。「快適に時間を過ごしたい」「他者とのコミュニケーションをうまく行いたい」

といった上位目的は、そう簡単に変化するものではない。メタ思考で考えるというのは「簡単には変わらないもの」に立ち戻って代替え手段を考えていくこと。

東京都心では、昔ながらの喫茶店を見ることはなくなってきた。これを単純にコーヒーチェーンが台頭したからという動きだけでとらえるとお客をどこにとられているか見誤ることになる。

 目的として想定される「暇つぶし」「待ち合わせ」と言った大部分がスマートフォンで代替え可能になっていることにも改めて気づかされる。

 ※ポイントは、上位目的の「簡単には変わらないもの」に立ち戻って代替え手段を考えていくこと

 

アナロジーの重要性

・1つ目は現状にとらわれない新しい発想ができる

 変化が激しい環境下で過去の経験やデータのみに頼って方向性を決めることは、時代に取り残されるリスクがある。

※過去の経験、つまり背景などは必ず聞かれる。過去資料もなく、知っている人がいないと時間を費やす。過去データに頼ることはないが、把握は必須。全てを把握することが難しいのであれば、依頼主に一定の納得をしてもらう必要がある。

・2つ目は、抽象化によって新しい概念を理解することができるようになる。何かに例えることで理解を容易にすることができる。

・3つ目は、複雑な事象を他者に簡単に説明するため。

※一番の理由は、2つ目と3つ目だと感じる。シンプルに考えるようにし、シンプルにしたものを図に表し説明する。 

 

問題:自転車の乗り方を覚えたときの教訓から、他の学びに応用できないか考える

 

「どんな事象があったのか」なるべく具体的に書くこと。良いアナロジー思考は、具体と抽象のギャップが大きいこと。

 ・父親に支えてもらった

 ・補助輪を一つずつはずしていった

   →左右のバランスを調整する

    →英会話の学びにすれば「スピーキングとリスニング」

※ポイントは、「補助輪ならではの特徴をギャップの大きな抽象化」し、左右のバランス調整へもっていくこと

 ・下り坂、平らな坂、上り坂

    →ヒアリングを0.5倍速、1倍、1.5倍で練習する

 

明日から大学入学共通テスト

f:id:whiteboard0808:20210115134508j:plain

 明日から、2021年度の大学入学共通テストが2日間の日程で開催される。31年間続いた大学入試センター試験に変わる「大学入学共通テスト」だ。

 

 受験生の皆さんは、直前に緊急事態宣言が出されたり、コロナ禍の影響で授業数が削減されたりして、懸念や戸惑いが増したと思う。感染リスクもある中での受験なのでくれぐれも無理をしないようにしていただきたい。

 

日程と時間割は以下のとおり(参考)

[日程・時間割] ※一部抜粋 詳細は公式HPで確認をお願いします

 1日目:地理歴史公民

     ・「世界史」「日本史」「地理」「現代社会」「倫理」

     ・10時40分~11時40分

     国語

     ・13時~14時20分

    外国語

     ・「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」

     ・筆記 15時10分~16時30分

     ・リスニング 英語のみ 17時10分~18時10分

 

  2日目:理科①

      ・「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」

      ・9時30分~10時30分

     数学①

      ・「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・A」 

      ・11時20分~12時30分    

     数学②

      ・「数学Ⅰ」「数学Ⅱ・B」

      ・13時50分~14時50分

     理科②

      ・「物理」「化学」「生物」「地学」

      ・16時50分~17時50分

 

 それにしても、昔は英語のテストにリスニングはなく筆記のみだった。ユーチューブでもリスニングに役立ちそうなコンテンツは複数ある。英語に関わるユーチューブの投稿を色々見てみると、学校で習う英語の授業だけでは、絶対にリス二ングできないことがよくわかる。

 ネイティブ英語が受験で登場してくるかわからないが、映画で登場するネイティブ英語の解説をしている動画を見て、リスニングの難しさの理由を知ることができる。ユーチューブでポイントを押さえて説明してくれているのはありがたい。

 

ユーチューブに掲載されている、

英語 リスニング:この映画聞き取れるかな?16」の内容を以下に抜粋する。

 

 映画のシーンでリスニングを開始、まずは聞き取れるかどうか。

    We don't want to make an enemy of him

    私たちは、彼を敵にまわしたくない

    

  まずは、「We don't want to」(ウィー ドンツ ウォンツ ツー)

               これをネイティブ英語で発音すると

      We don wanna

                      1. want to(ウォンツ ツー)はwanna(ワナ)と短縮する発音

         →老若男女問わず短縮して発音する人が多いのが現実

      2. don'tのアポロストフィは発音しない             

         →アポロストフィは発音しないと思った方がよい

      3. We don wanna(ウィドワナ)と発音することになる

         →しゃべるときは、早くしゃべるので短縮される

 


英語 リスニング:この映画聞き取れるかな?16

 

  この動画を見て、私が英語を聞き取れない理由が少しわかった気がした。英語も繰り返し、コツをつかんで覚えれば映画とか、ユーチューブに投稿されている英語もなんとなく理解できるようになればうれしい。

 

学習の仕方・仕事の仕方

f:id:whiteboard0808:20210110104539j:plain

学校の学習と仕事の仕方も共通点はあると改めて感じた。

まずは、

勉強のできる子は図で考えるという本を参照する

と以下の通りである。

成績が伸び悩んでいる子の共通事項

 ・教科書の内容を時間をかけてノートに丸写してから覚える

 ・暗記用の赤いマーカーがほとんど全ての行に引かれている

 ・数学で、とにかくひたすら問題集を解きまくる

 ・英語で同じ単語や文章を何度もノートに書いて覚える

その、ノートはこんな感じ

 ・ノートにはじめからある罫線以外の線が引かれていない

 ・色ペンが使用されていない

 ・矢印や■、△、〇などの記号がいっさい使用されていない

また、次のことをよく口にする

 ・何がわからないのかわからない

 ・同じ文章を何度も読み直さないと理解できない

 ・問題を解くための糸口が見つからない

 ・ケアレスミスが多い

 

成績が伸び続けている子の共通事項

 ・短期記憶がすぐれている

例:黒板の長い英語の単語スペルを何度も見直すことなくすぐノートに書ける

 ・まとめるのがうまい

例:関連事項を色ペンで囲ったり、線で結ぶ。また、問題文にマーキングしながら考え、キーワードや数値を〇で囲んだりする(何が幹で何が枝かを把握する)

 ・インプット(説明)に対するアウトプット(反応)が早い

例:説明をしたときの反応が早く、基本的なこと以外に応用を確認してくる

 

図で考える方法を活用している

 全体を予想し、パーツ関係を考えながらブロックを組み合わせる

 

なぜ、図で考えるのか

記憶を定着させるにはコツがある

 ・図で考えることで、物事がシンプルになる

 ・シンプルであれば理解しやすくなる

 ・理解しやすいものは記憶にも残りやすい

言葉で覚えるより図、イメージの方が右脳が刺激され記憶の出し入れが早い

 

図で考える力を伸ばすには

 ・分類する、物事の相互関係を理解する

f:id:whiteboard0808:20210110101631p:plain

例えば、上の「?」には何が入るのか?

  テレビでも同様の問題が放送されていたのでご存知の人もいるかと、幼稚園での問題と言われてました。(発想する訓練を積み重ねることが重要)

    答えは「3を対称にくっつけた8のような形」(左から、1,2,3,4,5)

→共通点と、相違点「理解することの大半は分類すること

  まとまりに気づく→分類する→整理する→図解する

 ・量的関係、ものの形やサイズには理由があることを理解する

→複数の事柄について、関係性を整理して表す

 ・時間関係、時間の流れを意識する

目に見えない時間を意識的にとらえ、視覚化する

 

 例えば、国語の苦手な子の特徴

 1.知識が不足しており、問題に何が書いてあるかが読み取れない

 2.思考力が鍛えられていないので、「部分」は理解できるが「全体」を把握できず、それゆえ、問題に答えるときに正解に至らない

→筋道を立てて、1つひとつのことがらの根拠をはっきりさせて考えて

いくことが必要

 

仕事でも同様と感じた。特に新しい仕事を始めようとしたときも、一から学習する必要があるので同様のステップで取り組んだ方が効率的だ。

 一から学習する方法が非効率になると以下の通りになる。

   ・知識を理解しないと整理・整頓ができない。

   ・知識がないと考えられない

   ・考えられないと伝えられない

 

 例えば新しい職場で、いきなり「あれもこれも」同時に多く依頼されても準備(調べる)する期間が必要だ。知識を得て、理解し、整理・整頓をしないと依頼されている相手、相談する相手にうまく伝えられない(回答できない)。まずは、「あれもこれも」という依頼内容を自分が中身を確認するだけの時間を確保することと、確認するには時間を要することを理解してもらうことが必要だ。自分が理解しないと優先順位もつけられないし、スケジュールも立てられない。

 一から学習する必要があることに備えて効率的な学習ができるよう習慣づけて取り組んでいきたい。

 

豚骨ラーメン(袋麺)

 

f:id:whiteboard0808:20210108131809j:plain

ラーメン好きな人にお勧めの商品。

 チャルメラのバリカタ麺 豚骨

 

 今まで、様々なインスタントラーメン(袋麺)を食べてきましたが、この商品は豚骨ラーメン好きの人ならお気に入りになると思います。

 

 口コミサイトを見ても、ほぼ、一風堂ラーメンとか、マルタイの豚骨ラーメンに似ているとか、私は、しぇからしかラーメンに味が似ていると思っています。

 要するに、インスタントラーメンと言え、店でだされているラーメンに味が似ているということです。

 

  ・ゆで時間 90秒

  ・極細めん

  ・ノンフライめん

  ・303キロカロリー  ※:日清 出前一丁は468キロカロリー

 

 昔、博多(福岡)勤務だったころ、会社の飲み会の閉めが必ずラーメン屋(屋台の場合もあり)だったので、そこから、ラーメンが好きになりました。味はもちろん、豚骨です。会社の食堂もメニューにラーメンがありますが、豚骨味のラーメンしかありません。昼食は、食堂の豚骨ラーメンを週に3回は食べていました。みんな食べるので。

  

 博多の豚骨ラーメンにも、それぞれ特徴があり、皆同じ豚骨でも豚骨味が異なります。

 博多の屋台で、忘年会シーズの時は、缶ビール(発泡酒 360ml)をそのままだされ500円ですとか、ラーメンもインスタントラーメンのうまかっちゃんでは?と思えるラーメンを出されたことを覚えていますが、今では懐かしい思い出です。

  極細めんですが、ボリュームはあります。替え玉する必要もない量です。

 

Googleの「スマートフォン」を探す機能

f:id:whiteboard0808:20210106142627j:plain

 

 

 ご存知の方も多いと思う、Googleスマートフォンを探す機能。

使用中のスマートフォンまたはタブレットを紛失した場合に備えて、「デバイスを探す」機能を用いてデバイスを発見することができる。

  注:ここでは、使用中のスマートフォンまたはタブレットのことを「デバイス」と言う

 

「デバイスを探す」機能で何ができるのか

 万一、デバイスを紛失してしまった場合は、Google(例:自宅のパソコン等)にログイン後、紛失したデバイスに対して以下の操作を実施できる。

    ・位置の検出

    ・音を鳴らす ※(マナーモード:サイレント)でも強制的に高音をだす

    ・ロックする

    ・ロック画面にメッセージや電話番号を表示できる

      紛失デバイスを発見してくれた人に、メッセージか連絡先の電話番号を伝える(画面表示する)ことができる

      例:拾った方は、この電話番号(XXX)まで連絡してください

    ・データ消去

      紛失デバイスデータは全て完全に消去される。オフライン(電源オフ)の場合は、オンライン(電源オン)のタイミングで開始される 

 

「デバイスを探す」機能を動作させるためには

 ただし、条件がある。

 前提は、Googleアカウントを所持し、デバイス登録が完了していること

 その上で、紛失したデバイスが以下の条件になっている必要がある

    ・デバイスの電源がオンになっていること

    ・位置情報がオンになっていること 

    ・「デバイスを探す」がオンになっていること

     詳細は、GoogleのHPで確認していただければと思う。(簡単です)

 

スマートフォンを紛失して発見した人の体験談

そもそも、この機能を知った理由は、スマートフォンをどこかに忘れてしまい、探しまくって大変だったという人の話を聞いたからだ。

 

 その人の話によると、

 会社で支給されたスマートフォンがないことに気づいた。昼過ぎから、外出しており夕方、事務所に戻ってスマートフォンを探したが見当たらない。鞄などの持ち物や、机の引き出し、ロッカーや、トイレに行っても見つけることができない。事務所の固定電話から紛失したスマートフォンに電話しても誰もでない。

  かなり、焦ったそうだが、しばらくして、スマートフォンの紛失に備えてGoogleに登録していたことを思い出した。

  まずは、紛失したスマートフォンの位置検索をした。そうすると、Googleマップにの公園に紛失したスマートフォンが表示された。ただ、Googleマップの公園は地図の公園を表示しているだけなので、その公園のどこにスマートフォンがあるのか、具体的な場所まではわかならい。実際にそのGoogleマップに表示された公園に行き、公園のベンチの下とか草の間を探したが紛失したスマートフォンを発見することができない。

  そこで、次に紛失したスマートフォンの音を鳴らす。そうすると、公園のトイレの裏から、かすかに電話の音が聞こえて発見に至った。スマートフォンの電池残量も残りわずかでかなり冷や冷やしたとのこと。

 

 私も、久しぶりにGoogleの「デバイスを探す」機能を実施してみた。まずは、Googleマップで検索。当然ながら、Googleマップスマートフォンが自宅にあることは表示されるが、スマートフォンが自宅のどこの部屋にスマートフォンがあるのかまでは表示されない。

 次に「音を鳴らす」機能を実施してみた。しっかりと、音がスマートフォンから出ていた。

 

 スマートフォンを忘れることはないと言い切れない。特に飲み会や慌ただしいときにうっかり忘れることはあるかもしれないのでこのGoogle機能は本当に助かる。

 

会社のスマートフォンを紛失したら大変だ

 会社でも、年末年始何か(例:社員証紛失等)あったら、緊急電話(エスカレーション)するようにと言ってた上司が部下全員にしばらくして、別の緊急電話番号を伝えてきた。不思議に思っていたら、上司が会社のスマートフォンを紛失していたことが発覚した。結果的に会社のスマートフォンを紛失したことを皆にアナウンスすることになった。

 Googleの「デバイスを探す」機能を登録していてたかどうかは不明だ。

  

 Googleの「デバイスを探す」機能は、あくまでお守りで、急いでいるときや飲み会等で紛失しないよう心掛けることが一番と感じる。

 

   

行政の雛形はパワーポイントの添付もお願いしたい

f:id:whiteboard0808:20210105091242j:plain

 

申請書の雛形がエクセルで作成されているんですけど

 法務局のホームページから資料をダウンロードしたが、エクセルが苦手で自分の思うように編集ができないと相談を受けた。そのため、どのような、エクセル資料なのか見てみた。

 法務局のホームページに法定相続情報一覧図の様式及び記載例が添付されていたのでダウンロードをした。

 以下が、エクセル様式だ。エクセルは、表計算ソフトだ。作成する文書によっては、エクセルの方が効率的なケースがあることは理解する。例えば、エクセルはセルで列幅でフォントやサイズを調整し、多彩な表やグラフを挿入することができるので、データシートを別シートで管理すれば数字を更新するだけで表やグラフに反映されるのは便利だと思う。

 しかしがら、せっかくの法務局の添付ファイルは多彩な表の機能を使う必要もない。特に雛形から文字数が足りなくなり枠内に収まらない場合、子供の下にさらに孫が存在する場合に雛形のエクセルを修正するのは面倒だ。(セルにデータを入れるのでセルを結合したり、セルの罫線を引き直したり)

 見た目の調整をしようにもセルの10行目から15行目間のセル幅を狭くしているのでセル幅の調整、罫線の引き直しが必要になる。(面倒くさい)

 

f:id:whiteboard0808:20210105080531p:plain

 

雛形を作成する立場からのエクセルにするメリット

 ・再利用がしやすい

 ・シート毎に場合分けできる

 ・別シートに関連付けできる  ※例:マクロ機能を使って自動生成できる

 

 雛形を使用する立場からすればエクセルのみ添付するだけではなく、融通が利く効率的で生産性が上がるパワーポイントも雛形として準備してほしい。

 

 以下に、法定相続情報一覧図について補足する。相続する場合の参考としてほしい。役所手続きの面倒臭い仕組みからの解消になるそうだ。

法定相続情報一覧図とは

 これまで不動産や株式の名義変更や銀行口座の解約などの相続手続を行う際には、亡くなった方や相続する方の戸除籍謄本等の束を何度も収集し、手続きのたびに提出する必要があった。

 しかし、法定相続情報証明制度がスタートしたことで、法務局が発行する法定相続情報一覧図があれば、戸籍謄本を何通も収集する必要なくなり、手続きを簡略化することができる。

 

簡単にいえば、「1枚で相続関係を示した公的証明書」

 ・2017年5月29日から運用開始

 ・当初は登記申請のみだったが、次第にメガバンクを始めるとする銀行でも戸籍の代わりに使用が可能

 ・2018年4月1日以降は、相続税の申告時にも戸籍変わりとして使用可能

 

取得した方がよいケース

 1)遺産の種類が多い場合

   例えば、同一市町村以外で不動産をあちこちで所有していた場合。複数の法務局へ1つ1つ戸籍を提出して回る必要が発生し、役所へ支払う発行手数料が高額になる。

 

 2)相続税の申告がある場合

   法廷相続情報一覧図を提出することで、戸籍の提出をする必要がなくなった。そのため、法廷相続情報一覧図の写しがあれば、無駄に戸籍を多く取得する必要がない。

 

 3)全ての相続手続きを自分で進めたい場合

   相続人自身で、不動産の名義変更(相続登記)や銀行の払い戻し手続き、証券会社の名義変更手続き等を進めたい場合、まずは戸籍の収集を行い、その戸籍で法廷相続情報一覧図の申請をすると、申請後、法務局から指摘があれば戸籍追加すれば解決できる。

 法廷相続情報一覧図の写しを取得できれば、その後の相続手続きのほとんどは余計な時間をかけずにスムーズに進めることができる。

完成形のイメージ

f:id:whiteboard0808:20210105075632p:plain

おまけ:びっくり〇ンキー風ハンバーグ

有名店のレシピをネットで見つけて料理しました。ハンバーグの味付けに味噌を使用するのですね。正月料理にも飽きてきたので、、

f:id:whiteboard0808:20210105113827j:plain

参考URL    

元店長がこっそり教えるびっくり◯ンキーのハンバーグ レシピ・作り方 by く〜-Qoo-|楽天レシピ (rakuten.co.jp)

 

通信の世界のプロトコル

f:id:whiteboard0808:20210101163334j:plain

道路を歩くときは交通ルールに従うように、通信の世界でもルール(プロトコル)に従う必要がある。実際にパソコンでインターネットが使えるのは当たり前だけど、トラブルが発生したときの切り分けの一つとしてのプロトコル(例:https、http)について整理してみた。

 

 プロトコルとはなんだ

  パソコン同士が通信をする際の手順や規約などの約束事。

双方が理解できる同じプロトコルを使わないと通信は成立しない。そのため、インターネットのプロトコルRFCで技術仕様が公開されている。

例えば、インターネットへの接続にはTCP/IPプロトコルが用いられ、Webページを閲覧するためにはWebサーバとWebブラウザ間でやり取りするHTTPプロトコルが使われる。

 

ネットワークとはなんだ

一般に通信は、要求(リクエスト)を行うパソコンのことをクライアントと呼ぶ

クライアントからの要求を受けて応答(レスポンス)を行うパソコンのことをサーバと呼ぶ。

 

届いているかどうかの確認

IPアドレスはネットワーク上の住所と考える。IPはパケットを運ぶ機能があるが、IPはパケットが相手に届くかどうかは担保していない。TCP/UDPは、住所のXX号室という、部屋番号に相当するっポート番号をIPアドレスと共に使って通信を行う機能を提供してくれる。

例えば、WebサイトのIPアドレスの80番に通信を行っている。

1つのIPアドレスには複数のポート番号を付けることができて、全部で0~65535までの数値を使うことができる。

 相手にパケットが届いているかどうかはTCPUDP機能で実施する。

  TCP:ブラウザがWebサイトと通信する場合(物品購入)

      パケット送信した相手がパケット受信した返事をもらう

  UDP:動画配信、1秒に50枚のうち1枚がなくなっても気づかない。連続した即時性のある情報を伝えることを優先。

 

ネットワークの階層(OSI参照モデル

パソコン同士でメーカが異なっていても通信できるのは、利用している機能が同じだから。IPやTCP、LANケーブルで、アプリケーションレベルの通信を行う場合、異なるパソコンのOSや機種でも通信を行うことができる。LANケーブルからアプリケーションまでを階層化したものがOSI参照モデルだ。

 HTTPをOSI参照モデルの要素に当てはめると

 第5~7層:HTTP

 第4層:TCP

 第3層:IP

 第2層:LAN

 第1層:物理的な媒体

 

パケットキャプチャー(wireshark

 シーケンス(順序)を見ることができる。シーケンスとは「自分と相手との間で行われる、通信の流れや手順」のことを指す。ほとんどの通信は決まった手順で通信を行い、自分から相手にパケットが届くまで数ミリ秒(1秒の1000分の1:0.001秒)だ。

 

プロトコルを作るにはどうすればいいのか

 作りたいプロトコル  「例:チャットができたり会話できるアプリケーション」

 参考書として:RFC(Request for Coments)

  世界中の人達がネットワークを通じて仕様を決めて共有している

 概要を決める

(1つのRFCを元にたくさんの人がプロトコルスタックを実装していく。ある人は、最低限必要なる部分でいいのかもしれない。ある人は全て欲しているかもしれない。そうなると互いに通信できなるなる可能性があるので、ルールを決める。RFCでは「これは必ず実装する必要がある:MUST」「これは行ってはいけない:MUST NOT」「してもよい(MAY)」機能は処理単位で明示的に示している)

  ・プロトコルで実現したい概要をイメージする

  ・概要を実現するために、細かいプロトコル実装を検討する

  何から、整理する必要があるのか、

   基本となるデータ、自分と相手、OSI参照モデルについて整理することでネットワークに参加して、データを送受信することができる。

  1)通信プロトコルはどんなデータを使うのか

      例:リアルタイムに伝わる、マルチメディアデータ(文字、音声、ビデオ)を扱うことができる

  2)自分と相手の関係は

      例:電話の場合だと、自分から相手にかけて切るまでの時間(セッション)相手に接続をかけるときは、何らかの個体情報を付与し、自分や相手という存在はお互いに識別される

  3)OSI参照モデルのどの層の役割をもつか

      例:チャットのアプリケーション機能を持たせるのであれば、第5層~第7層のHTTPと同じようにする。ということは、第4層とのインターフェースを決めればネットワークに参加することができる。第4層にはTCP/UDPがある。チャット通信に信頼性を持たせるのであれば、TCPを使う。

 

プロトコルの作り方の全体を決めていく

「ここまでは、このプロトコルでできる」というプロトコルの規定範囲を決める。つまり、OSI参照モデルの役割に基づいた基本的な構造を考える。「このときは、どういった通信が発生しているのか」というイメージを持つ。

 

  プロトコルは、構造や動く順番を考えることで便利で快適は機能や動作を付け加えることができる。

  送信側 送信データを作成する、データを送信する

  受信側 データを受信する データの中身を確認する

 

1)プロトコル通信を行うときの構造を決定する

   エンコーディング、トンランスポート、トンランザクション

2)プロトコル通信を行うときの基本的な流れを決定する

   会話に誘う、返事をもらう、届いた通知をもらう、会話を行う、会話の終わりを告げる、相手から返事をもらう

 

ここまでで、通信プロトコルを考える上で、細かい部分よりまず先に全体像をイメージすることで、プロトコルの構造に基づいた機能と、基本的な通信の流れを決めることができる。

 

 障害が発生して切り分けを考える際、OSI参照モデルの第何層まで大丈夫かと順次切り分けていく必要がある。パソコンでインターネット接続できるのはなぜかというとこの復習もたまにはした方がよいのかもしれない。

 

おまけ1:我が家のおせち料理(2021年1月1日)

 朝から、さっそく、雑煮とおせち料理を食べました。

f:id:whiteboard0808:20210101162402p:plain

 

おまけ2:リビングで娘がお手本を参考にしながら書初め

f:id:whiteboard0808:20210101174131p:plain

 

 

 

「資料の作り方」

 

f:id:whiteboard0808:20201227154743j:plain

 

 

会社の資料を作成し、ロジック大好きな上司向けに説明をしたがどうも説明がうまくできず、伝わらないと感じた。改めて「資料作成の方法」について整理してみた。

 

資料作りや提案の根本的な考え方

 ステップ1 資料の目的ゴールを考える

 ステップ2 読み手の視点に立つ

 ステップ3 読み手と目的に合わせたわかりやすさを心掛ける

 

まず、「読み手」を決定し、「目的」を考える

 

読み手にとっての目的」を考える

※:目的が明確でないと相手に伝わらない、人が動かない

ゴールを決める(指針)

 why(目的) 「なぜ、何のために」、というビジョン(存在理由)

 例:お客様の心配を取り除く

 how(手段) 「どうやって」というビジョンを実現するための戦略

 例:メールでお知らせする

 what(成果物) 「何を」(製品、サービス)を決定

 例:トラブル報告書

 

読み手」を決定する

 1.読み手は誰か ※:複数の読み手がいる場合もある

 2.ポジションと役割

 3.関心と予備知識

 

資料に入れる内容 

資料の目的読み手を把握したら、中に何を入れるか決めていく

 ・タイトル

 ・概要(サマリー)

 ・目的(ねらい、何のために書くのか)

 ・課題(問題提起、原因)

 ・解決方法(解決方法の提案、解決方法の詳細)

 ・期待できる効果

 ・スケジュール(実施計画)

 ・費用

 ・体制

 ・FAQ

 

資料全体に関するポイント

1.読み手の視点で作られている

   読み手がどのような人で、どのような予備知識や関心を持って、どのような目的を持って読むかを意識して作成

 

2.シンプルである

   必要最小限の情報で最大の効果を出すように項目やメッセージを選ぶ

 

3.論理的である

   ある情報を分類するときに、全てを網羅していて、結論とそれを導き出すための理由との関係に無理がない状態

    自らの言葉突っ込みで論理的かどうか確認してみる

 

4.数字や事実を用いている

   客観的であること。自分の偏った印象や考え(主観的)ではなく、誰もが同じ考えにいたるような客観的な理由や事象をアピールする

 

5.次のアクションが具体的

   資料を読んで、次にとるべきアクションが何か、しっかり記載していること

 

その他のポイント

◆現在の課題はどうで、導入するとどうなるのか、

 例えば、どのタブレット端末にするのか、なぜ、それを選択するのか、他機種との比較、導入コスト、費用対効果(投下した予算に対してどう回収できる見込みがあるか)

導入スケジュール、スムーズな交換のために何が必要かを考える

 

◆プレゼン資料は「読まれない」のが大前提

 1枚のスライドに1つの項目、なるべく意識して情報量をしぼり、印象的なスライドにすべき。

 あくまでパワーポイントは「読む」資料ではなく、「眺める」資料である。

 「眺める」資料は、一目で何を言っているか(メッセージ)を裏付ける事実やデータ(グラフ、写真、短い体言止めの文章)が目に飛び込んでくるようにしなければならない。

 

◆難しい専門用語や特殊な表現やキーワードなどがあると知らない人は理解できないものは決して資料自体へ興味を示さない。

 

◆ 「これはできる人の資料」「わかりやすい資料」をかき集めて、その共通点を洗い出す。

 

資料説明の仕方(台本作成が大事)

 1)台本を作成する。

 2)台本の書き方は話言葉でかく。

 3)台本次第でクオリティが大きく左右される。

 4)台本の言葉、表現にこだわる。言葉にこだわる。

 (人間は言葉を使って思考し、言葉を使って伝達するため)

   ‐違和感をもったら、ぴったり合う言葉を探してみる

   ‐ぴったり合う言葉を見つけたら、元の言葉との違いを説明してみる

   ‐その差を論理的に説明できれば考えが進み、さらに他人を説得できる(伝達力向上)

 

 5)なぜ、文字にするのか、それは、練習するため。(違和感を見つけるため)

 6)きっちり書いた台本通りに話せるように練習する。

 7)5回は音読する。

 8)ナチュラルに話をするためには、話言葉で台本を練りあげる。

 9)自分が声に出して話しやすいように文章を作る

10)箇条書きにする(箇条書きから、台本を見ないで説明できるようにする)

11)箇条書きの元原稿から、5分、10分と話せるような原稿にするにはかなり骨が折れるが、これをやらないと、いつまでたっても資料説明はうまくならない。

12)資料説明は台本が9割

13)できれば一晩寝かして、翌日見直す

 14)文章を読み直して、すんなり理解できるか

15)文章を読み直して、リズムの悪い箇所はないか

滑舌よく資料説明をするための練習(便利な早口言葉)

  ・レミオロメン レモンとメロンを ルミネでみて メロメロ

  ・ゴルバチョフの子は

    子ゴルバチョフ

    子ゴルバチョフの子は

    孫ゴルバチョフ

    孫ゴルバチョフの子は

    ひ孫ゴルバチョフ

  ・お綾や 親に お謝り

  ・庭には ニワトリが 二羽いました

  ・打者 走者 勝者 走者一掃

  ・菊栗(きくくり)菊栗(きくくり)三菊栗(みきくくり) 

    合わせて菊栗(きくくり)六菊栗(むきくくり)

  ・野良如来(のらにょらい)野良如来(のらにょらい)

    三野良如来(みのらにょらい)に六野如来(むのらにょらい)

  ・竹屋の竹やぶに 竹立てかけたかったから 竹立てかけた

  ・伝染病 予防病院 予防病室 伝染病予防法

 

元プロ野球選手桑田さんの中学生時代の考え方

 

f:id:whiteboard0808:20201219083617j:plain

 

プロ野球の巨人軍の投手で現在、PL学園のOB会長をしている桑田真澄さんの話がユーチューブに掲載されていた。

 私の頃は、PL学園と言えば甲子園出場校として有名だった。甲子園球場では在校生徒の人文字応援と独特な校歌また、バッター打席に入るときは、選手一人ひとりが胸のあたりのユニフォームを握りしめるこれも独特のスタイルだった。

 ユニフォームを握りしめるスタイルは、PL伝統の祈りのようで、普段通りに力がだせるように祈っていたそうだ。一時期は、PL以外の高校もPL学園を真似してよく胸を握ってたそうだ。

 

 ユーチューブでの桑田真澄さんの話を紹介する

 小学校3年生は、最初ソフトボールチームに入ってた。当時から、上手かったのかいきなり6年生のチームに3年生として一人メンバにはいってた。その結果、6年生から滅茶苦茶シバかれたりした。

 

桑田さんが小学生のソフトボールで一番いやだったこと

 監督がいないときに一塁に入れと言われたこと。なぜなら、ソフトボールは、野球と比べて一塁までの距離が短い状態だ。そこから、6年生が一塁を守備している桑田さんに向かって全力でボールを投げてくる。監督に一目置かれていた桑田さんに対しての嫌がらせ、妬み、いわゆる、イジメだった。

 特に、バッターが打った打球がセカンドゴロのときは、そこからでも思いっきり6年生が一塁にいる桑田さんをめがけて投げてくるので、顔だけ当たらないようにしていたそうだ。

 それが、耐えきれず、桑田さんは辞めようと思って行かなかった。そうすると、

全員で自転車二人乗りして家に「おい、桑田でてこい!!」と外で叫んでいた。

3年生の桑田さんは家の中で震えていたそうだ。その後、5年生でソフトボールから野球の硬式チームに入った。

 その時、初めて甲子園を知って、雨が降って中断のときに父兄さんのラジオから流れてくる「PL学園を初めてしった」。その時は逆転のPLと騒がれて、桑田さんはここにはいることを決めた。

 

中学生での野球について

  中学校では、野球をたくさんするのではなく、毎日コツコツするのが大好き

  毎日コツコツするのはシャドウピッチング

 

シャドウピッチングとは、

 実際に投球を行わず、投球動作だけを繰り返し行う練習のこと。ボールを使用せずにタオルを使用するのが一般的なやり方

   

  ・シャドウピッチグの回数、例えば50回と決めたら必ず毎日50回する

  ・シャドウピッチグをやる目的は体重移動のバランスとタイミングを覚えること

  ・シャドウピッチグで腕の振りでタオルが「パチン」と当たる音は必要ないと思っていた。その前の過程が大事。なぜなら、体のバランスができれば、腕が勝手に振られていくため。

  ・その他は、中学では専属のコーチがいないので、何をするかというと

    ‐甲子園のエースピッチャー(投手)

    ‐プロ野球のエースピッチャー(投手) 

    ‐メジャーとかで話題になって雑誌とかに出ている人の連続写真を切り抜いてノートに何枚も貼っていった。

   で、そこから、エースと呼ばれている凄いピッチャー(投手)の「共通点は何か」っていうのを探していった。

  その共通点は「これだ!」と言うのを見つけて、中学2年生のときにそれをやったらすごくよくなった。

  ボールが150キロでるわけではなく、低めにボールがびゅんびゅん伸びていく。

 

桑田さんの話はまだまだ、続きます。

 何がすごいかというと、今の中学生はわかりませんが、昭和の頃、中学生である14歳頃から、一つひとつのプロセスを分解して自ら具体的に考えて野球をしていたことに驚きました。昔は野球ブームでしたので、空き地で野球をよくやったものです。しかし、指導者がいない状況で自分で考えて目標を持ち毎日実践していたことに驚きました。

 

 桑田さんの話は、別のテレビでみた話ですが、甲子園の決勝戦で敗退した際に、対戦チームの投手の家に行って宿泊してきたと言ってました。なぜなら、あんな投手になるために一体何をしていたのか、どうすればいいのかを聞きたいからだ。

 と、高校生のときに敗れた相手チームの家に泊まりにいく行動力でさえすごいと思う。

 

 私の嫁は、小学生から桑田さんのファンだ。我が家には、嫁が昔、購入した桑田さんの写真集が今でも何冊かある。

 

RFPとベンダー(メーカー)選定に関する備忘録

f:id:whiteboard0808:20201216165108j:plain

 仕事をする際にRFPはどうなっていたのかと聞こえてくることがある。特に不具合事象が発生し故障解析に時間を要する場合だ。実際に言葉だけは聞いたことがあるが、どのような仕組みなのか調べてみた。

 

RFPとは

 新システムを導入するためにRFPを作成する。RFPは「Request For Proposal」の略で「提案依頼書」と訳される。

 

 RFPには、システム導入に関する全ての要求事項を記載する。

例えば、「開発スケジュールは9カ月」、「予算は〇〇万円」、「365日稼働させる」、

著作権は当社が持つ」等、あらゆる関連項目を盛り込む。

 これらのRFPを候補ベンダーに発行する。RFPは、最適なベンダーを選ぶ手段だ。

 

RFPでベンダー(メーカー)が欲しい情報

  ・システムを導入する目的は何か

  ・システムにどんな機能を求めているのか

  ・どんな業務を行っていて、それがシステムにどうからむのか

  ・現行システムはどうなっているのか

  ・連携するシステムには何があるのか

  ・どのような契約条件なのか

 また、

 ①RFPは以下の分類で整理する

 「目的」「課題」「期待する効果」「要求機能」「スケジュール」

 

 ②RFPは要求と仕様を使いわける

 ベンダーから多様な提案を受けたほうがよい。目的と要求をベンダーに伝えたほうが、最新の技術やトレンド、そのベンダーの強みが盛り込まれた提案を受けることができる。

 

ベンダー(メーカー)と揉める一番の要因

プロジェクトの途中で要求を追加」すること。

特に見落としがちなのは「性能要求」だ。受け入れテストで「画面が開くのに10秒かかる」ことが判明したら、コールセンターなどでは即時性がないため苦情がくる場合がある。ベンダーは、「仕様通り」と言うと追加費用が発生することになる。

ベンダー要求は事前に要求しておくことが大切だ。

 いざユーザ受け入れテストをすると想定した動きと異なりうまくいかないことがある。理由は、自社業務をベンダーにしっかり伝えていなかったため。

 自社業務を伝えるためには、業務フローが便利だ。業務フローは、業務の流れを時系列かつ部署ごとに表現することができ「視覚的表現」が可能だ。これが、できていないとユーザの受け入れテストで考慮もれの障害が発生する。

 

 社内合意を得る最も大きなタイミングは「ベンダーに声をかける前」だ。自社としてシステム要求をまとめたRFPを作成したタイミングだ。社内合意が取れていなければ、最後にひっくり返ることもあるので全く意味がない。

 

ベンダー(メーカー)選定はどのようにするのか

 まずは、自社に最適なベンダーを選定する作業を実施する。

  ・候補ベンダーの洗い出しが十分か

  ・選定プロセスは公正に進めたか

  ・評価は客観的に行われたか

次に

 ①ベンダーリストアップ

 ②面談先の絞り込み

 ③ベンダーとの面談

 ➃RFP発行先の絞り込み

 ⑤RFP発行

  ※ベンターをリストアップし、徐々に数を減らしていく過程は常に関係者と共有する。関係者との視える化は常に意識する。

注意することは、採用する可能性がないベンダーと打ち合わせをすることはお互いに時間の無駄。

 

ベンダーを探すには、ある程度の基準が必要。「ゆずれない機能」「価格の安さ」「短い納期」「同じ事業での実績」など。

ベンダーに会う前にぶれない評価基準を作成しておくことが大切。

ベンダー評価シートには以下の評価項目で判定

 業務要求(要求機能一覧)

 費用(イニシャルコスト、ランニングコスト

 スケジュール(短期間で購入できるか等)

 実績(同業種の実績、3000名以上企業の導入実績等)

 その他(365日24時間運用可能か等)

 

 参考として、ベンダー各社(A社、B社、C社)を比較する際は重み付けするのもありだ。

 「現行業務の適合性を重視」 →業務要求の重み付けを高くする

 「予算が少ないので、安く調達する」 →費用の重み付けを高くする

 「法改正までの納期が絶対条件」 →スケジュールの重み付けを高くする

さらに、実績(業界実績・規模実績)を重視した方がよい。

今まで、「安いが残念なベンダー」を何度となく見ているからだ。

 

 RFP発行後のベンタープレゼンは、何が書かれているか理解するだけで時間がかかる。事前に提案資料と自社の要求をマッピングし評価シートに仮記入することが非常に有効だ。些細な質問も遠慮せず、全員参加でベンダーの提案を真摯に評価する。

 

ベンダー(メーカー)の決定方法(ベンダー選定会議)

 ・評価項目読み合わせ

 ・総合評価のコメント発表(各自)

 ・選定 ※意見が割れたときの最後は部長の決断

 

「誰がこのベンダーを選んだんだ」と言われたときに、答えられるよ選定経緯が確認できるよう記録は全て残しておく。記録とは、主に、「ベンダー評価シート」だ。ベンダー評価シートは最終評価を反映後に保管する。  

 

参考

 システム発注から導入までを成功させる90の鉄則

     田村 昇平 著